真言宗のお寺で出家得度して尼となり、修行を続けながらの自分自身の心の成長を綴っています。

かんのんいんブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

金色の光


母が引っ越しを迷っている、
ということを妹から聞いてから、
自分がまた少し、自由に近づいたような気持ちになりました。

何をしていてもどこにいても、
常に私の心の中には『孤独な母』が居座り続け、
母のことを完全に忘れ去ることを許さないのでした。

母は寂しさが限界を超えると厄介事を起こし、
私を実家に連れ戻すという地道な作業を、
私が家出をしてから実に四半世紀の間、
繰り返してきたのです。

しかし今になりその『イベント』の裏側にある、
私の気付かなかった方の、
もうひとつのカラクリに気付いたことで、
私は、母との間にずっと続けてきたゲームを、
いよいよやめることができたのだと思いました。

寂しさが限界を超えると厄介事を起こして私を呼びつけていた母は、
私の寂しさが限界を超えたのを本能的に感じて、
私の為にイベントを起こし、私を実家に呼び戻していたのです。

寂しさが限界を超えていたのは母の方ではなく、
むしろ、私の方だったのです。

私は、リアルに、
母があの家を引っ越して、
実家が取り壊され、更地になるところを想像してみました。

それが現実になることを止めているのは、
私自身なのだと、私はもう知っていて、

母親を卒業できないのは母ではなく、
むしろ、私の方なのだと、気付いているのです。

『自由になりたい』と思いました。

母にも自由になってもらいたいし、
妹にも娘にも、父にも夫にも息子にも、
皆に自由に、幸せになってもらいたいと思いました。

すると、ある新しい考えが閃きました。
まるで温泉の湧くように、
私の中から生まれたその考えは、

『母を観音様に預けよう』

というものでした。

今日も母はあの家で一人で過ごしている、
夫に去られて友達の一人も持たずに、
親兄弟から嫌われて、実の娘からも捨てられて、
あの家でたった一人、孤独な朝を迎えて、
頭の中の声だけが母の相手をして、一日を終えるのだ、

というイメージが毎日私を襲い、

罪悪感から、今日こそは母に、
せめて電話の一本をかけなければと、
そういう『重荷』を背負い続けて、
私自身の人生は、ついに人生の中盤を超えてしまったのです。

しかし、母が一人だと決めつけていたのは、
私の視野が狭かっただけで、
実家には観音さまが入り、
そろそろ10年の月日が経とうとしているのです。

『そうだ、母には観音様がついている。
観音様に、母を預けよう。』

突然そう閃くと、
イメージの中で、実家の観音様から、
ブワーッと、金色の光が堰を切ったように一気に溢れ出し、
実家全体を包み込み、サンサンと輝き始めました。

それが私自身の妄想なのか、
霊視だったのか、
戸惑いの方が先に起きてしまったものの、
実家の観音様をいつイメージしてみても、
暗い家の中でぼんやりと佇んでいる姿しか視たことがなかった私は、
どちらにしても、観音様の光を止めていたのは、
私自身の心の在り方のせいだったのだと反省したのです。

例えば私のしてきたことは、
子供を保育所に連れて行き、
そこのスタッフを信じることが出来ずに、
保育所で、一日中子供に付き添うようなものだったのだと思いました。

実家の観音様は、
私の為に入るのだと、一番最初に言われたのです。

母の奇行について、
何度お寺で相談をしても、
私の仕事は母を見張ることではなく、
自分の人生を生きることなのだと、
何度も言われたのです。

観音様は、私の代わりに母を助けるために、
実家にやってきてくれたのだと、
今になりようやく理解できた私は、
母を観音様に引き渡したくなくて、
やはり私の方が母に執着をして、離さずにいたのだと、
気が付きました。

『母を観音様にお願いしたいと思います。
決断するまで10年もかかってしまいましたが、
母を、どうぞよろしくお願い致します。』

私は改めて、
自宅の十一面観音様の前で、
心を込めてお経を唱えました。

観音様は、私が自分の口から言い出すのを、
ただじっと、待っていたのだと思いました。

母は暗闇の中に置き去りにされているのではなく、
観音様の足元で、
金色の光に包まれているのだと思うと、
なぜか母が、とても遠くに行ってしまったように感じました。

それでも、その日を境に、
私の心が妙に静かに落ち着き、安定し始めて、
母ではなく、まるで私自身が金色の光に包まれているかのような、
幸福感に満たされていくのを感じることになったのです。



スポンサーサイト

  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:3
  4. [ edit ]

« 合掌 | BLOG TOP | 自由 »

comment

自分のこととかさなり、勇気付けられます

  1. 2017/03/20(月) 16:11:34 |
  2. URL |
  3. りんごまる
  4. [ edit ]
いつもいつも読ませていただいております。
我が事と重ねて、学ばせていただいております。

  1. 2017/03/21(火) 07:35:37 |
  2. URL |
  3. mon
  4. [ edit ]
愛と憎しみって紙一重ですよね。。厄介者のお母様を自分自身の気づかないところですごく愛してらっしゃるんですよね。

あ、コレは自分にも当てはまってしまうのかなぁ。。。認めたくないけれどね。

みーーーんなが幸せでありますように♪

Re: 自分のこととかさなり、勇気付けられます

  1. 2017/04/10(月) 01:26:20 |
  2. URL |
  3. 瑠史
  4. [ edit ]
ありがとうございます。
心の中の真実の想いを証言することで、
少しでもどなたかを勇気付けることができればという一心で、
綴らせて頂いています。

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


« 合掌 | BLOG_TOP | 自由 »

プロフィール

瑠史

Author:瑠史
十一面観音をお祀りして、自宅でかんのんいんを開いています。

第三子を妊娠中に出家得度して尼となり、OSHO禅タロットを使った個人セッションを受け付けています。過去から未来までを見通し、人生を変えたい方のお手伝いを致します。

個人セッションのお申し込みはコチラまでメールにてお願いいたします。
facebookはコチラ

☆サイト『ココナラ』さんでもメール相談を受け付けています☆

最新トラックバック

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

かんのんいんカウンター

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR



.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。