真言宗のお寺で出家得度して尼となり、修行を続けながらの自分自身の心の成長を綴っています。

かんのんいんブログ


母からの音沙汰がなくなると、
自分の中に、空洞を感じるようになりました。

それは『孤独の穴』と表現していた寂しさとは違い、

母に傷つけられたり、
汚されないように守りながら、
隠し続けてきた自分の居場所でした。

空洞、と感じているのは、

その自分がまだ、
表面に出てくるのを怖がり、
その空洞のとても奥の方から、
じっと外の様子を伺っているだけで、

姿を見せないためなのです。

『お母さんが直接連絡してくることは、
絶対にないよ』

と私は、
一人きりのスペースで、
その洞窟の奥に向かって語りかけました。

洞窟からは何の返答はないものの、
こんな夢を見ました。


なぜか実家の庭に、
自宅で飼っているインコの鳥籠があり、

出口が開け放してありました。

開けたのは夫で、
鳥籠から飛び立ったインコは、
空高く舞い上がり、上空を自由に飛び回っていました。

『ちょっと、なにやってんのよ!』

と慌てた私は、

『二度と戻って来ないかもしれないじゃないの、
猫に捕まって食べられたらどうするの、
これから寒くなって、凍え死んだらどうするの』

と夫を非難し、
空に手を伸ばしてインコを追いかけました。

しかし私の手が掴んだのは、
自由な空で、インコが自分で得た、
『友達の鳥』だったのです。

その見知らぬ鳥を掴みギョッとした私は、
自分のインコが私から離れて、
知らない世界で知らない鳥と群れを作るのだと、

底しれぬ恐怖に駆られて、
自分の鳥を籠に戻そうともがきました。

見上げた空はどこまでも際限なく広く、
果てしない自由をただ、
恐ろしいと感じたのです。


目が覚めて、
自分がこんなにも、
母親からの自立に恐怖を感じているなんてと、
愕然としました。

母からの連絡を断ち切ったことが、
自由へと繋がる道が、

いざ手に入ってみると、
こんなにも恐いものだったとは、

たしかにここを目指して進んできたのにと、
自分の見た夢の内容を、
よく味わってみました。

籠の扉を開けたのは夫だったことから、

母からの連絡を断ち切ったことを、
恐怖に変えない為には、

これまで以上に、
夫を信頼しなければならないのだと、

夢のメッセージを受け取りました。

『お母さんとの続きは、
旦那さんとやらなければ』

と、いつか師匠に言われたことを思い出し、
その意味をもう一度、
確認したのです。


スポンサーサイト

  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

瑠史

Author:瑠史
十一面観音をお祀りして、自宅でかんのんいんを開いています。

第三子を妊娠中に出家得度して尼となり、OSHO禅タロットを使った個人セッションを受け付けています。過去から未来までを見通し、人生を変えたい方のお手伝いを致します。

個人セッションのお申し込みはコチラまでメールにてお願いいたします。
facebookはコチラ

☆サイト『ココナラ』さんでもメール相談を受け付けています☆

最新トラックバック

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

かんのんいんカウンター

« 2018 02  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR



.