FC2ブログ

真言宗のお寺で出家得度して尼となり、修行を続けながらの自分自身の心の成長を綴っています。

かんのんいんブログ

幸せ


「お母さんはただ、
子供を亡くしたことがショックだった、
それだけだったみたいですよ」

母の憎しみの根源には、
子供を失ったショックと悲しみがあるだけなのだと、

最後に師匠は私に告げて、

憎しみが増幅しないようにと、釘を刺してくれました。


翌日、母に電話を掛けて、

「水子供養終わったよ」

と報告をしました。

「お父さんへの怒りが強いから、
戒名にはお父さんの名前は使わなかったんだって。」

と言い母に怒りを自覚させ、
二体の水子さんの戒名を告げました。

「ああよかった、これでいいところへ逝ったんだよね?
本当に良かった、よかった」

と母は涙声で繰り返し、

電話を切った後に一通のメールを送ってきたのです。


『肩に乗っていた重い石がスッと降りたみたい。
心がクリアーになりました。
堕胎にずっと罪を感じていたから。
まりの赤ちゃんが供養の方向へ導いてくれたのかな。
感謝です、本当にありがとう』

という母からのメールを読み、

堕胎に罪悪感を持ち続けながらこれまでの人生を送ってきた、
母の気持ちを理解して、
共に喜びの気持ちが湧いてきました。


するとその晩、
ずっと音沙汰のなかった父から電話がかかってきたのです。

「お母さんに電話をかけたら、
呼び出し一回で切られたんだよね。
なんかあったのかな、何かお父さんのこと怒ってるのかな?」

と父に言われ、

これはもう、
みえない部分ではみんな繋がっているのだと観念し、

私は本当のことを父に話す決意をしました。


「何か怒っている、というのをずっと続けて来たけれど、
その怒りの一番核になっている部分の話をしてもいい?」

と言うと父は、
半分逃げ腰なような声で、
それでも、

「うん、聴くよ」

と返事をしました。


「お父さんが浮気をしているとか、
朝鮮人だとかなんだとか色々言っているけど、
本当はね、一番最初にできた赤ちゃんを、
産みたかったんだよ、お母さんは」

思い切って私が言うと、

「うん・・・わかってたよ、お父さんは。
今までの水子さんたちに悪かったと思ってる、
全部わかってるんだよ、お父さんは」

と父は答えました。

「お母さんは怒っているの。
ずっとそのことを怒っているの。
そのあとすぐに妊娠した私を産んで結婚できたなら、
最初の赤ちゃんをどうしても堕ろさなきゃならないってことは、
なかったはずだと怒っているんだよ。
一回そのことと向き合って話してみたら?
本当のことを話せばいいんだと思う。
嘘やごまかしを一切やめて、本当に思っていることを伝えれば。
このまま年を取って死んじゃってから、
死体に向かって謝っても悔やまれるだけなんじゃないのかな」

と言うと、

「わかった、
おまえに電話してみて良かった、
お母さんと話してみるよ」

と父は言い、

「ありがとう、
ほんとにありがとう」

と何度も私に礼を言うと電話を切りました。


その「ありがとう」を聞いたとき、
私はもう父を憎むのをやめたのだと確信しました。

それは、一生できないことと諦めていたことでした。


両親のもとに生まれて、
心にも体にもたくさん傷をつけられて、

それでもこんなに爽やかな気持ちになれた今、
自分は本当に幸せだと強く感じました。

一筋縄ではいかないこととはわかっていても、

ゆっくりと、でも確実に、

幸せへの道をたどりたいと思ったのです。




スポンサーサイト

  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

瑠史

Author:瑠史
十一面観音をお祀りして、自宅でかんのんいんを開いています。

第三子を妊娠中に出家得度して尼となり、OSHO禅タロットを使った個人セッションを受け付けています。過去から未来までを見通し、人生を変えたい方のお手伝いを致します。

ホームページを開設しました。メール相談、布小物販売など、こちらからどうぞ。

最新トラックバック

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

かんのんいんカウンター

« 2018 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR



.