真言宗のお寺で出家得度して尼となり、修行を続けながらの自分自身の心の成長を綴っています。

かんのんいんブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

施餓鬼会



施餓鬼の法要の日がやってきて、お寺へ出かけました。

施餓鬼会に参加をするのは今年で七回目、

七回目の参列に、
自分が黒衣を着て師匠について、
前でお経をお唱えすることになるとは、

当時は夢にも思わないことでした。


師匠の隣に席を用意され、
オレンジ色の糞僧衣を身に着けて、

長い読経を、必死でついていきました。


今年の施餓鬼でのご供養は、
母方の旧姓での先祖、
それから自分の今の姓での先祖と、

そして、従弟の因縁の、
亡くなられた同級生のお名前でお願いをしました。


施餓鬼会までの一か月間、
例によって家の中は見えない者でごった返していました。


「眼を閉じると、知らない女の子の顔が見えるから、
恐くて眠れない」

と娘は言うし、

深夜になりハッと目を覚ますと、
暗がりの中に誰かがボーっと立っている、
ということが毎晩のように続き、
夢見も悪く、

私と娘だけでなく、
生後十か月になった次男までもが、
深夜二時になると突然夜泣きを始めるので、

いろんな意味での寝不足が続き、
私も娘も体力が消耗してぐったりしてしまったのです。


「それも今日まで、いつも施餓鬼会の後に楽になって、
地蔵盆の後にはもっと楽になって、9月のお彼岸には静まるのだし」

と思いながら、
家の中を一掃するような気持ちで、
一心不乱に、夢中になってお経を唱えました。


本堂での読経が終わると、
今度は外に出て、木魚を使ってのお施餓鬼が始まりました。

餓鬼たちは結界の中には入って来れず、
リンの音で逃げ出してしまうため、

木魚に変えて、結界の外で施餓鬼をするのです。


その日は熱中症の人が続出するほどの暑い日で、
炎天下で黒衣とお袈裟を着けてだらだらと汗をかきながら読経していると、
気が遠くなっていくような気がしました。

「護身を忘れずに」

と師匠からふいに耳打ちされ、
「ああそうだ」と思い出し、慌てて護身しようと思ったのですが、

暑さのせいか緊張の為か、
突然頭の中が真っ白になり、

護身の真言を完全に忘れてしまい、
しっかりと護身できないまま、法要が始まってしまったので、

「まあいいか」

と、大事な『護身』を流したまま、
読経を始めました。


読経が始まり、
信者さんたちが順番にお焼香を始めると、

ふわりと、不思議な風が吹き始めました。


毎年施餓鬼の法要の時には、
この不思議な風が吹くのです。

背丈の低い、お腹の突き出た餓鬼たちが、
あちらこちらから風に乗って、
ぱらぱらと集まってくるのがみえるような、

生暖かい風を感じながら、

滝のような汗をかきながら必死に読経を続けました。

まるで、
あの世とこの世の境目にいるような感覚を味わいながら、

人の儚い人生のことを想ったのです。


施餓鬼の法要が終わり、
参列していた友人たちと妹と、
楽しいお喋りをしておやつを食べて笑いあい、

「お経を読むのが上手になりましたね、
また特訓しましょう」

と師匠に褒められて得意になって家に帰った私は、


しかしその翌日になって、

しっかりと護身しなかったことを、
とても後悔することになったのです。


スポンサーサイト

  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

瑠史

Author:瑠史
十一面観音をお祀りして、自宅でかんのんいんを開いています。

第三子を妊娠中に出家得度して尼となり、OSHO禅タロットを使った個人セッションを受け付けています。過去から未来までを見通し、人生を変えたい方のお手伝いを致します。

個人セッションのお申し込みはコチラまでメールにてお願いいたします。
facebookはコチラ

☆サイト『ココナラ』さんでもメール相談を受け付けています☆

最新トラックバック

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

かんのんいんカウンター

« 2017 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR



.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。