FC2ブログ

真言宗のお寺で出家得度して尼となり、修行を続けながらの自分自身の心の成長を綴っています。

かんのんいんブログ

幸せ

自分の腹の中で煮えくり返る怨みに打ち勝てず、
今すぐに誰かに自分の想いを受け止めてほしい、
という衝動に駆られました。

ちょうど夕食が終わり、
娘は風呂に入り、息子は自室へ戻り、

夫はテレビ番組を観ながら次男を抱いてあやしていました。

この激しい、母への苛立ちをぶつけられれば誰だって、
多少はその感情に巻き込まれてしまうのです。


『それでも誰かに聞いてもらって、
わかってもらって慰めてもらいたい』

と思った私は、
本当は今すぐに風呂場まで娘を追いかけて行き、
娘に全部を聞いてもらいたいと思いました。

「でも、それをやったら母と同じになってしまう」

とわかっていたので、
その気持ちはなんとか抑えて、
夫に感情をぶちまけることにしました。


「お母さんからこんなメールが来たの」

と夫に打ち明けると、
あとからあとから、芋づる式に感情が湧き上がりました。

「子供のころからこうだった。
『あんたはコウモリと同じ、お父さんの味方でも私の味方でもない、
ずるい女なのよ』って罵られた。
勝手に夫婦げんかして、
『喧嘩になったのはおまえのせい』だと言われた。
『おまえさえいなければお父さんと仲良くできるのに、
おまえがいつだって私の幸せを邪魔をする』って言われたの。
私を攻撃してスッキリしたら、
『ご飯だよ』って子供部屋に私を呼びに来て、
言われた方の私が納得できなくて拗ねていると、
『おまえは本当にしつこくて嫌な性格。
この家が暗いのはおまえのそういう顔のせいだ』って、
また責められたの」

私は涙をぼろぼろこぼしながら、
母親への恨みの気持ちを夫に話しました。

「なんであたしが茂子伯母さんの真似して、
お母さんのことを馬鹿だって言いふらしてるなんて思うの?
さっきの電話で、
大丈夫だよ、嫌なら北海道行かなくたっていいんだよ、
その時の自分の気持ちで決めて大丈夫だよって、
私はお母さんの味方になって優しい言葉だけかけたのに。
人が楽しく飯食ってるときに辛気臭い身勝手な電話、
一方的にかけてくんじゃねえよなんて絶対に言わないで我慢して、
ずっといい子でいるのにさ!」

夫は黙って、テレビを観ながら、
何も言わずに私の話を聞いていました。

「百歩譲って、
これからも何も変わらないと言われたとしてももういいの。
お母さんは病気なんだしそれは仕方ないって思ってる。
でもね、私が知りたいのは、
どうしていつも苛める対象が私なのかってこと。
まりちゃんには絶対にこんなメール送りつけないし、
お父さんにだって直接はしないんだよ。
ストレスが満タンになった時、お母さんは私を選ぶの。
私を苛めて発散するの。
お父さんと仲直りした後、その報告はないの。
私には相談してるのではなくて、
自分の膿を私にみんななすりつけて、
それだけがお母さんにとっての私の『役割』なの。
用が済んだら、私のことは忘れて、
また用事が出来た時には、私に泥を塗りたくりに来るの。」

話していると惨めになって、
それでも心の中を夫に見せ続けました。

「ひとつだけ、教えてほしいの。
どうしてお母さんは、他の誰でもなくて、
私を苛めるの?
なんでなの?なんで、私なの?」

私は涙を垂らしながら夫に尋ねました。


すると、それまで黙っていた夫が、

「それは、おまえが一番幸せだからだよ」

と答えました。


夫に言われた意外なひと言に、
ハトが豆鉄砲を食らったような気分になりました。

それはとても意外な意見でした。

「それは、おまえが愛されていないからだよ」

とは、夫は言わなかったのです。


その優しいひと言に癒され、
煮えくり返った怒りは治まり、

『お母さんは私の気持ちがわからないのね。
お母さんに疑われて、悲しくなって泣きました』

と母に返信すると、

母からはそれ以上なんの返信もなく、


それからきっかり二週間、

母からの音沙汰は一切なかったのです。



スポンサーサイト

  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

瑠史

Author:瑠史
十一面観音をお祀りして、自宅でかんのんいんを開いています。

第三子を妊娠中に出家得度して尼となり、OSHO禅タロットを使った個人セッションを受け付けています。過去から未来までを見通し、人生を変えたい方のお手伝いを致します。

ホームページを開設しました。メール相談、布小物販売など、こちらからどうぞ。

最新トラックバック

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

かんのんいんカウンター

« 2018 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR



.