真言宗のお寺で出家得度して尼となり、修行を続けながらの自分自身の心の成長を綴っています。

かんのんいんブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

希望


「とにかくね、
今回はお父さんと一回も喧嘩しないで過ごせたけど、
やっぱりあの人気味が悪いのよ」

と母が言いました。

「寒かったから、自室でストーブ焚いてたんだけど、
私が覗いたら、ストーブを机の下に入れてて、
机の裏側が熱くなってたの。
しかも紙が一枚、ストーブ側へ机の上から垂れ下がってて、
もうちょっとで燃えるところで。
去年も同じことしてたから怒ったんだけど、
この人ボケはじめたのかなって思ったの。
でも、この人本当は死にたいのかなって、
そうも感じたのよ」

と母は続けました。


母の話を聞き、

私と母は直感で、
『同じもの』を感じているのだなと思いました。


「ねえ、お父さんが包丁を送りつけてきたのって、
殺してくれっていうメッセージだったのかな、
それとも殺してやるというメッセージだったのか、
どっちだと思う?」

私はみんなに質問しました。


「殺してくれ、じゃない?」

と妹が言い、

「これで殺しあおう、
傷つけあおう、っていうのだよ」

と娘が言うと、


「あの人ね、心の中がぐちゃぐちゃなのよ。
そのぐちゃぐちゃを、ここへ帰ってくる度に持ってくるから嫌なの。
いくら喧嘩しないで仲良くできても、
そこだけは変わらないのよ。
あの人、孤独なの。たぶん心の中は孤独なのよ」

と、母がまとめました。


母のその『ぐちゃぐちゃ』という言葉を聞いて、

妹の見た蛆虫の夢の内容を、

『お父さんが持ってくるもじゃもじゃした問題』

と師匠が表現したことを、思い出しました。


ぐちゃぐちゃの、もじゃもじゃは、
父の心の中に絡まった、

根の深い闇なのだと理解したのです。


「あの人、どうしてあげればいいと思う?」

と母が言いました。


その一言に、
母は父に対して、

夫婦の愛情を越えた、
慈悲の心も持ち合わせているのだと感じました。


本当に病んでいるのは、
本当に闇が深いのは、

母ではなく父なのかもしれない、

と思いました。


そして、観音様の入った年に、

「お母さんは観音様が入ったら、
まっすぐ観音様の方へ行くからね。
だから早く観音様の前にお母さんを座らせてあげたいの。
でもお父さんの方は、すぐではないよ。
お父さんが観音様が入ってよかったな、と思うのは、
もっとずーっと、後のことになりますね」

と、今は亡くなられた副住職の言ったことを思い出したのです。


一度しか会ったことのない両親のことを、
そのように霊視した恩師のあの時の言葉を、

7年経った今、
私はあの時よりももっと強く、頼りにするようになりました。


「お父さんが観音様を受け入れるのはもっとずっと後のこと」

というのは、

私たち家族のサポートで、
それはいつか必ず可能になる、

という、

希望なのです。




スポンサーサイト

  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

« 霊感 | BLOG TOP | 包丁 »

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


« 霊感 | BLOG_TOP | 包丁 »

プロフィール

瑠史

Author:瑠史
十一面観音をお祀りして、自宅でかんのんいんを開いています。

第三子を妊娠中に出家得度して尼となり、OSHO禅タロットを使った個人セッションを受け付けています。過去から未来までを見通し、人生を変えたい方のお手伝いを致します。

個人セッションのお申し込みはコチラまでメールにてお願いいたします。
facebookはコチラ

☆サイト『ココナラ』さんでもメール相談を受け付けています☆

最新トラックバック

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

かんのんいんカウンター

« 2017 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR



.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。