真言宗のお寺で出家得度して尼となり、修行を続けながらの自分自身の心の成長を綴っています。

かんのんいんブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]



夢の中で、両親と私の三人で、
実家の居間で食事を摂っていました。

なにやらとても腹を立てていた私は、

母に悪態をつきながら、
味噌汁の入った椀を母にぶつけました。

すると父が私を『親として』威圧的に怒鳴りつけてきたので、


「だったらどうして私の足に傷をつけたの?!
私のことなんて愛していなかったくせに、
父親面するのはやめて!」

と父に向かって叫びました。

「こんなに足に傷をつけて、
あたしの人生台無しにしたくせに、
私の体の傷のことよりもお金を選んだくせに!
愛してなんかいなかったんでしょ!」

と叫ぶと、
胸のずっとずっと、ずっと奥の方から、
絞り出すように泣き声が湧き上がり、

「うわあああん、うわああああん」

と私は泣きました。

呼吸できなくなるほどに、
悲しみがずっとずっと奥の方から絞り出されたのです。


すると夢の中の父は、

「だからあの尼さんに金払っているのか。
あの尼さんはおまえから金が欲しいだけで、
親の代わりにおまえに愛情を向けてくれるわけではないんだ。
あの尼さんにとっては、
おまえだって、他の誰だって同じなんだからな、
親からもらえなかった愛情を、あの尼さんから貰えるわけではない。
残念だったな」

と意地悪く言いました。

そう言われて私はさらに泣き続け、
切望して止まない『親からの愛情』を得られない空しさでいっぱいになり、

そのまま目が覚めると、
涙で顔がぐしゃぐしゃになっていました。


目の覚めた私から、夢の話を聞かされた娘が、


「う~ん、夢の中で言っているようではまだまだだね。
じいちゃんに本当に言ってみればいいんじゃない?」

と言ってから、

「でも『なんであたしの足に傷つけたの』って、
核心に迫ったということは、
お母さんが自分の傷を直視できるようになったということだから、
かなり進歩したかもね」

と言いました。
そして、

「でもね、あの人たちに『親』を求めるのをもうやめなきゃね。
それができるようになれば、もっと楽になれるのに」

と言ったのです。



スポンサーサイト

  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

« | BLOG TOP | 心配 »

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


« | BLOG_TOP | 心配 »

プロフィール

瑠史

Author:瑠史
十一面観音をお祀りして、自宅でかんのんいんを開いています。

第三子を妊娠中に出家得度して尼となり、OSHO禅タロットを使った個人セッションを受け付けています。過去から未来までを見通し、人生を変えたい方のお手伝いを致します。

個人セッションのお申し込みはコチラまでメールにてお願いいたします。
facebookはコチラ

☆サイト『ココナラ』さんでもメール相談を受け付けています☆

最新トラックバック

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

かんのんいんカウンター

« 2017 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR



.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。