真言宗のお寺で出家得度して尼となり、修行を続けながらの自分自身の心の成長を綴っています。

かんのんいんブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

墓迷り



祖母の墓参りを終えて、
祖母の実家の墓地を探しに行きました。

しかし、墓地自体がなかなか見つからず、
やっと着いたと思えば、

母は祖母の旧姓しか知らず、

自分の伯父さんや伯母さんの名前を一切知らなかったのです。


「その苗字のお墓だけで4つもあるよ。
他人の墓参りなんてしない方がいいよ。
なんで自分の伯父さんの名前も知らないの?」

呆れて私が言うと、

「だって、子供の頃って、
おじさんとかおばさんとかって呼ぶだけじゃない。
名前なんてわかんないよ」

と、母は子供っぽく言い放ちました。

叔母のうちの一人は、
気がふれて出戻り、
祖母の妹だということを隠したまま隔離されたので、

その叔母の名前は、親戚一同誰も知らないのです。

それだけでもどうかと思う出来事なのに、
兄弟仲の悪さはやはり先祖代々続いてきたのか、

母親の兄や妹の名前を知らないまま、
やり過ごせる環境でこの人は育ったのだろうと思うことにしました。


結局、同じ苗字のお墓を全部回り、
それぞれの墓石に、線香を供え水をかけました。

「大丈夫、分岐しているだけでどうせ全部親戚だよ」

と母は軽く言いましたが、
なんとなく、嫌な予感が残ったのです。


墓参りを済ませ実家へ戻ると、
絶えず喋りつづけているのが常の母が、

めずらしく黙り込み、
小さく固まってしまいました。

「疲れた。
なんでこんなに疲れたのかしら・・・」

と言って動けなくなった母の背中を叩きました。

疲れたというよりは、
憑かれたように、見えたのです。


観音様の前で読経し、
家の中と庭を清めてから、

それでもなんとなく、
想いを残しつつ実家を後にすると、

案の定その三日後に、

師匠から電話がかかってきたのです。





スポンサーサイト

  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

瑠史

Author:瑠史
十一面観音をお祀りして、自宅でかんのんいんを開いています。

第三子を妊娠中に出家得度して尼となり、OSHO禅タロットを使った個人セッションを受け付けています。過去から未来までを見通し、人生を変えたい方のお手伝いを致します。

個人セッションのお申し込みはコチラまでメールにてお願いいたします。
facebookはコチラ

☆サイト『ココナラ』さんでもメール相談を受け付けています☆

最新トラックバック

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

かんのんいんカウンター

« 2017 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR



.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。