FC2ブログ

真言宗のお寺で出家得度して尼となり、修行を続けながらの自分自身の心の成長を綴っています。

かんのんいんブログ

魔物



子供のころから、
『足が悪い』というハンデを負っていた私は、

「私が面倒見てあげる」

というエネルギーで満々の女子たちに、
囲まれ庇護されながら、日々を過ごしてきました。


四月がやってきてクラス替えのある度に、

新しいクラスメイトからの「その傷どうしたの?」という質問に始まり、

私に同情を示す数名の女子生徒の、
「私が一緒にいてあげる」という相手側の意志だけで、

その年の『友達』は決定したのです。


体育や水泳の時間になると男子生徒にからかわれたり、
時にはひどい言葉を浴びせられる私を、

「そういうことを言ってはいけないんだよ!」

と庇うその『友達』は、

苛められている私を見て、

喜んでいるようにも見えたのです。


『庇う』という方法で私を差別するその『友達』を、
本当の友達とは思わないことだけが、

たったひとつの私のプライドでした。


しかし、

年が変わるたびに、
中学生になっても高校生になっても、

ついには大人になっても現れ続けたその『友達』が、

妹の化身だったことに、
ついに気が付いてしまったのです。


唯一、私のことを差別せず、
私に気を遣う妹が、

あの家で余計に私を孤独に陥れていたのだと、

私は妹に抱き続けてきた嫉妬と劣等感を、

直視しました。


嫉妬と劣等感、

それが私の心に住み着く『魔物』の正体でした。


嫉妬と劣等感が増せば増すほど、

私の孤独は癒されず、


孤独になればなるほど、

嫉妬と劣等感にまみれていく自分を、


私は決して受け入れることができず、
愛することもできなかったのです。


妹と私は、

私たちのそういった『関係』をやめるために、

お互いの心の中の魔物を見せ合いました。


すると滞っていたえエネルギーが動き出し、

妹の人生が変わり始めたのです。





スポンサーサイト

  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

瑠史

Author:瑠史
十一面観音をお祀りして、自宅でかんのんいんを開いています。

第三子を妊娠中に出家得度して尼となり、OSHO禅タロットを使った個人セッションを受け付けています。過去から未来までを見通し、人生を変えたい方のお手伝いを致します。

ホームページを開設しました。メール相談、布小物販売など、こちらからどうぞ。

最新トラックバック

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

かんのんいんカウンター

« 2018 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR



.