真言宗のお寺で出家得度して尼となり、修行を続けながらの自分自身の心の成長を綴っています。

かんのんいんブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

因果応報



いつか娘が、

「イジメ、というのは、
苛める人間と苛められる人間のほかに、
もうひとつの存在がないと成り立たないんだよ」

と言い、

「それは、それを黙認する周りの人間です」

と言ったことがありました。


今回、妹に対して自分が抱いていた悪意を直視した私は、
その言葉の意味を体験を持って消化することができました。


「あれは私が自分で選択したことだから」

と涙を流した妹に対し、

「でも私の中の、あなたへの悪意さえなければ、
私はあなたの味方になることができたの。
中絶しろと言ったのはお父さんだったけど、
それを黙認したのは、そうなればいいという邪な心が、
私の中に在ったからです。
みんなで苛めたの。
あれはみんなで、やったことです」

と私は妹に、謝罪をしました。


妹は本当は、
あの時赤ちゃんを産みたかったのです。

もし私が体を張ってでも、

「赤ちゃんを産ませてあげよう」

と戦うことができたのなら、

今の結果は変わっていたに違いないと思いました。


妹はその出来事をきっかけに、
あっという間に転落していきました。

自暴自棄になって、
自虐を始めていったのです。


いつだったか、

父が私に、

「まりこのことはもう諦めている」

と言ったことがありました。

父に対し、
腹の中で「おまえのせいだよ」と思った私は、
その時心の片隅で、

「よかった」と、

安心もしたのです。


いつでも妹と比べられていた私は、

両親の愛情を妹に持って行かれたくないという日常的な不安の中をもがきながら、

妹を蹴落としてやりたいと、
長きにわたって思い続けてきたのです。


やはり大金剛陀羅尼が、
知らない間に犯してきた悪事を消し去り、

これから犯そうとしている悪事をも消し去る陀羅尼、

だというのは本当なのだと思いました。


消し去るためには、
どのような悪事を自分自身で犯しているのかを知らなければならず、

同じように、

知ってさえいれば、

それをやめることができるのだと思いました。


私は目の前で眠る生後4か月のわが子を見ながら、

妊娠中にこの子を産むなと言われた日々のことを思い出し、

これが『因果応報』なのだと思いました。


この宇宙は、

自分の決断した行動の先にその結果が待っていて、

自分のしたことがそのまま、

返ってくる法則となっているのです。






スポンサーサイト

  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

« | BLOG TOP | 仏様 »

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


« | BLOG_TOP | 仏様 »

プロフィール

瑠史

Author:瑠史
十一面観音をお祀りして、自宅でかんのんいんを開いています。

第三子を妊娠中に出家得度して尼となり、OSHO禅タロットを使った個人セッションを受け付けています。過去から未来までを見通し、人生を変えたい方のお手伝いを致します。

個人セッションのお申し込みはコチラまでメールにてお願いいたします。
facebookはコチラ

☆サイト『ココナラ』さんでもメール相談を受け付けています☆

最新トラックバック

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

かんのんいんカウンター

« 2017 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR



.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。