真言宗のお寺で出家得度して尼となり、修行を続けながらの自分自身の心の成長を綴っています。

かんのんいんブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

訃報


OSHO禅タロットカードの恩師との再会を終えた後の、
四月のある晴れた日に、

師匠が他県から車を走らせ、
お経の読み合わせの為に、
うちまでやって来てくれました。

妹にも来てもらい、
お経を読み合わせている間に次男を見ていてもらって、
師匠との楽しい時間を過ごしました。

お茶の時間になり、
お互いの新しい生活の報告をし終えると、
私は、師匠に対して何も話すことが浮かばない自分に気が付きました。

何の会話もないまま、
何度もしんと静まり返る瞬間をやり過ごして、

「昔はあんなにたくさん聞いてもらいたいことがあって、
教えてほしいことや聞きたいこともたくさんあって、
時間が足りない程だったのに、
こうしてせっかくうちに来て頂いても、
何もお話することが浮かばないのです」

と、私は思ったことをそのまま師匠に伝えました。

「それは、いいことですね」

と師匠は答えて、微笑みました。

いいことなのかもしれないけど、
なんて張り合いのないつまらないことだろうと、
私は思いました。

悩み事に心を縛られていた時の、
なんて張り合いのある、楽しい毎日だったのかと、
やはり、心の行き場が定まらないのでした。

「ところで、お寺をお手伝いされていたお二方は、
一緒に引っ越しをされなかったと聞いていますが、
お元気にしているのでしょうか?」

と私は、お寺で修行されていた、
兄弟子夫妻のことを尋ねてみました。

「…まだ、お知らせは来ていないのですか?」

と、師匠が含みを持った眼差しで、
一瞬、黙り込んでから私を見つめました。

その、師匠の目を見て、
嫌なことが起きたのだと、すぐにわかりました。

そう予感しながら、

「まだ…聞いていません」

と答えると、

「…亡くなったんですよ」

と、師匠が答えました。

兄弟子夫妻の奥様のほうが、
節分の日に事故で亡くなったというのです。

お寺が他県に引っ越しをされた翌月に、
亡くなられたというのです。

「うそ…信じられない」

と、妹が先に口に出し、
私は何も言えず、そのショックと向き合い切ることができませんでした。

兄弟子様の奥様は、
私よりも年下で、

お寺に出かけると必ず私を笑顔で出迎えてくれて、
いつも親切に、
手作りのおやつや料理で持て成してくれたのです。

私よりも若い、そんな彼女を、
私は姉のように感じて、慕っていたのです。

死因は事故ということでしたが、

あのような心の綺麗な方というのは、
お寺でなければ生きられなかったのかというのが、
私が直感的に感じたことでした。

彼女を想って涙が出てきたのは、
師匠と別れてから三日も経ってからのことでした。

私は彼女を想ってわぁわぁと号泣し、

生きることがつまらないとか、
やるのが面倒だとか、

怠け心に負けていた自分を深く反省しました。

それから、お寺と、最愛の奥様との両方をいっぺんに失った、
兄弟子様の気持ちを想い、泣きました。


そして、師匠の夫であった、
亡くなられた副住職様が亡くなる前、一番最後に、

「怠けずにどんどん修行して、
生きている間にしかできないことを、
休まずにどんどん行動して」

と仰ってくださったことを、
また、思い出したのです。

それから一週間と経たないうちに、
タロットカードの恩師の具合が悪くなったという連絡が入りました。

今日まで当たり前のように隣にいてくれた人が、
明日にはもう、目の前から消えて、
別次元へと移動してしまう世界を、
私達はみんな、自覚なく生きているのです。

そして、自分もまた、
今日まで当たり前に出来ていたことが、
明日にはできなくなるかもしれず、
「変化する」ことだけが真理という、
無情な世界を生きているのです。

死はいつでも隣り合わせに存在していて、
決して、遠い何処かにあるわけではないのです。

「兄弟子様に会いに行こう」

と決めた私は、
これまで以上に、生きている今日に感謝しながら、
家族との時間を大切に過ごしたいと思ったのです。



スポンサーサイト
  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

守護霊の言葉


「他人にシェアすることも辛い、
でもこのままこれを自分だけのものにして、
後の長い人生を生きることも、辛い。
さぁ、どうしようか?」

煮詰まった私を見て、彼女は問いかけてきました。


その日私は、彼女に会いに来るための道中で、
途中、道に迷ったのです。

何度も何度も通い慣れたその道を、
迷うことなどあり得ないというのに、
途中に曲がる道を一本間違えてしまい、
Uターンする為に入り込んだ住宅街から出られなくなったのです。

「人生に迷う時に、実際に道に迷うものなのです」

と以前師匠から教えられていた私は、
その日ののリーディングで、
二つの選択肢にきっと心が迷うことになるのだと予測し、

自分の守護霊に向かってこう話したのです。

「私は今日、おそらく答えに迷うと思います。
とても大きな二つの分かれ道に来ていることを知っていて、
今、迷子になっているようなのです。
今夜のリーディングの時に、先生の言葉の他に、
守護霊さんからのひと押しがほしいので、
ここぞという時に、守護霊さんからのメッセージとわかるひと言を、
ひと言だけでいいので投げてください。
それで、私の決心が固まると思います」

道に迷いながら、車中で独り言を言う私を見て、
一歳半を過ぎた息子が、
チャイルドシートの上から私に微笑みました。


「もうあなたは、昔の自分と同じ人を、
拾えることができているでしょう?
私って可哀想、こんなに可哀想な人生なのと、
そこにどっぷりとはまり込んで出られなくなっている人とか、
依存されることに依存しながら逃げ続けている人とか、
あ、昔の私とおんなじだって、すぐにわかるようになってる。
その人たちがどうしても抜けられない苦しみから、
出る方法をあなたは知っているのに、
シェアしないで生きるには、残りの人生長過ぎない?
その人たちは何年も何年もぐるぐると同じところを回って、
どうやって出ればいいのかわからずに苦しんでいるの。」

と彼女は言い、ひと言、

「でもね、来世でもいいんだよ、
来世に回せば?」

と言いました。

その瞬間、私の心は跳ね上がり、

「嫌だ!来世に回すなんてできません、
やっぱり頑張ってみんなに教えて行きたいと思います、
来世でいいなんて…よくないですから!」

と、咄嗟に答えたのです。


そう答えてから、
「来世にすれば?」というそのひとことが、
守護霊からのパンチだったのだとすぐに気が付きました。

八年前に、一番最初に実家に観音様を入れてもらった時にも、
『この観音様はご実家に入るけれど、あなたの為に来る観音様だから、
そのことだけは忘れないで。あなたは近い将来に、
観音様の前で人を導いていく仕事を始めていくことになるから』
と、今は亡くなられた副住職様からそう言われ、

その時はファミレスの厨房でパートの仕事をしていた私は、
どうしてもその言葉を信じきれずに、
観音様の為の50万円を支払う勇気がなかなか出ないのでした。

グズグズとしている私にあの時も、
副住職様から『別に、来世でもいいんだよ』と言われて、

「来世では嫌です!どうしても今生でやり遂げなければ」

と心が跳ね上がり、

その一言によって瞬く間に決意した私は、
実家に観音様を入れてもらい、
その三年後には自宅に十一面観音を入れてもらい、

そして、出家することになったのです。

その時の副住職様からの『来世でもいいんだよ』というひと言だけが、
違和感を持って浮いて聞こえたような気がして、

それだけは自分の守護霊からのメッセージだったのだと、
あとから感じたのでした。

ですから、
私自身の得た光明を他人に分かち合っていくということも、
守護霊達の願いであり意志なのだと確信を持って、
受け止めることができたのです。


「だよね?
この先遊んで暮らすには、
あなたはまだ残りの人生長すぎるもんね?
よかったよかった、スッキリと決まって。
ただね、みんな自分の囚われている苦しみから本当は出たくないわけ。
出たい出たいと言いながら、出たくないわけだから、
あっちから蹴って、こっちからも蹴飛ばして、
それでもわからない奴はそれをこちらのせいにもしてくる。
言わば他人のゴミを引き受ける大変な仕事。
だからますます、人のゴミを受け止めるだけの容量があなたにないと。
時には、痛い思いもすると思う。」

決心した私に向かって、彼女は言いました。

「だから、やりたくなかったんです」

と私は答えましたが、
それでも来世に回すよりはマシだと思いました。

他人のゴミを引き受ける容量というのを増やすことが、
当面の私の宿題なのだと受け取りました。

恩師と最後の握手をして抱き合い、
私は豊かな気持ちで、家路についたのです。




  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

瑠史

Author:瑠史
十一面観音をお祀りして、自宅でかんのんいんを開いています。

第三子を妊娠中に出家得度して尼となり、OSHO禅タロットを使った個人セッションを受け付けています。過去から未来までを見通し、人生を変えたい方のお手伝いを致します。

個人セッションのお申し込みはコチラまでメールにてお願いいたします。
facebookはコチラ

☆サイト『ココナラ』さんでもメール相談を受け付けています☆

最新トラックバック

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

かんのんいんカウンター

« 2016 05  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR



.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。